知らず知らずのうちに汚れが溜まっている?洗濯機の掃除の仕方!

知らず知らずのうちに汚れが溜まっている?洗濯機の掃除の仕方!
はじめに
日々お世話になる洗濯機ですが、毎日使用するため、意外と汚れがたまりやすいものです。

洗濯物から落ちた汚れ、毛髪、パネルについた手脂、周囲の洗面台からの水はね、洗濯槽や排水ホースにある溶け残りの洗剤といったものが知らず知らずのうちに蓄積しています。

これらの汚れが溜まり、雑菌やカビの温床となってしまうなんてことも。

そこで今回は、日頃の生活を支える洗濯機の掃除方法をご紹介していきます。

ピカピカな洗濯機を使って、晴れやかな気持ちで洗濯しましょう。

一度覚えてしまえばとっても簡単!洗濯機掃除の順序とポイント!

洗濯機掃除のポイント

洗濯機の掃除といっても、特別に難しいことはありません。ここでは順を追って洗濯機掃除の手順をご紹介していきます。

まずはパーツを取り外して外装から

掃除を始める前にまず外せるパーツをすべて外します。ゴミ取りネット、洗剤投入部の蓋、排水ホースなどです。

必ず取扱説明書をチェックし、外し方が書かれていないパーツを無理に外してはいけません。誤って部品を壊すと元通りにできなくなったりメーカーの保証対象外になることもあるからです。

外せるものを外したらまず外側から丁寧に拭いていきます。蓋や上面、操作パネルには手をついた時の皮脂汚れがついていることが多く、また側面には水はねによる水アカが残っていることがあります。

皮脂汚れには重曹、水アカにはクエン酸を使うと良いでしょう。水拭きでは落としづらい頑固な汚れも簡単に落とせます。

重曹は水200mlに小さじ2杯、クエン酸は水500mlに小さじ2杯の割合で溶かしてスプレーボトルに入れることで、洗剤感覚で使用することが可能です。

外した細かいパーツをブラシや雑巾で

ブラシ画像

取り外したパーツ類と本体側の取り付け部付近もきれいにしていきます。

パーツと取り付け部は複雑な形状になっている分、汚れがたまりやすくなっているので、入り込んだ汚れを古い歯ブラシなどでかき出すようにして汚れを取り、雑巾で拭き上げます。

排水ホースは取り外し可能であれば取り外し、たくさん水を流してきれいにしておきます。

洗濯槽クリーナーで洗濯槽を洗浄する

次に洗濯槽ですが、見えている洗濯槽内側はきれいでも、定期的に洗浄していない場合、洗濯槽の外側にあたる部分にカビがたくさん溜まっていることが多くあります。

洗濯槽内外の洗浄には市販の洗濯槽クリーナーを使用します。クリーナーは大きく分けて塩素系と酸素系の2種類があります。洗濯槽の洗浄頻度や汚れの付き方に応じて使い分けるのが効果的です。

塩素系は殺菌力が強力ですが、匂いがあることと手荒れを招くことがあるので取り扱いにやや注意が必要です。酸素系は効果は穏やかですが、匂いも少なく使用されている成分も人体に優しいのが特徴です。

まとめ

洗濯機画像まとめ

洗濯機は、いったん汚れをためてしまうとあとから落とすのがどんどん大変になってきます。

例えば、普段の洗濯の際に洗剤が多すぎると溶け残りが出て、こびり付いたところが雑菌やカビの温床になってしまいますし、洗濯のあと、洗濯物をそのまま洗濯槽の中に放置しておくのも雑菌発生の原因になります。

一気に大掃除する方法も大切ですが、普段から汚れない使い方をすることが一番の早道ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

Twitter で

ライフスタイルカテゴリの最新記事

トップへスクロールする