間接照明を使ったおしゃれな部屋の作り方

間接照明を使ったおしゃれな部屋の作り方
はじめに

間接照明は、居心地がいいお部屋作りやムードを高めるアイテムとして、おしゃれなインテリアのアイテムのなかで重要な役割を果たしています。

インテリアの雰囲気を上手にコーディネートする際、光のイメージは欠かせません。

違和感のある照明を使ってしまうと、お部屋のコーディネートも台なしです。

ここでは、間接照明の種類と活用シーン、お部屋別のおすすめコーディネートをご紹介します。

間接照明が部屋に与える影響

間接照明は、落ち着いた“癒しの空間”をつくるための重要なインテリアアイテムです。

直接光源を見せずに、壁や天井に光を当てて、その反射光により穏やかな雰囲気を演出するために用いられます。

光の具合は、人間の心理に大きく影響します。日中は、蛍光灯をはじめとする白くはっきりとした光源を使うことで集中力が一気に高まります。

夜やプライベート空間では、温かみのある色調の間接照明を使うことで気持ちを落ち着かせてリラックスすることができます。

最近では、LEDライトの機能向上により、調光機能を使うことでデリケートな光を作り出すこともできます。白熱灯のように赤みを帯びた目に優しい製品も開発されていますので上手に利用してみましょう。

間接照明の種類と活用シーン

間接照明は、天井面に取り付けるシーリングタイプと、ダクトレール(ライティングレール)という天井にレールを取り付けて利用するタイプ、そしてコンセントから電源を引く3つのタイプがあります。

シーリングライトは部屋の天井のあらかじめ決められた場所に設置します。ダクトレールは、新しいマンションやリノベーション後の部屋には、すでに設置されているケースがありますが、古いタイプの部屋ならば新たな工事が必要になります。

コンセントが付いている間接照明は電源の確保ができれば設置は比較的簡単です。

間接照明の機能とデザインなどの違いをよくみて、選んでみてください。

スタンドライト

スタンドライト

スタンドライトは、机や床に設置して使う照明アイテムです。床に置くフロアライト、机に設置するテーブルライト・デスクライトがあります。

インテリアの雰囲気を簡単に変えることができるので、初心者にはおすすめのアイテムです。

フロアライト

フロアライト

フロアライトは、床に置いて設置するタイプの間接照明です。フロアランプと呼ばれることもあります。

フロアライトは比較的場所を取らずに設置できます。簡単に場所を移動できるという利点もあります。スラッとした背の高い外観は、空間にメリハリを作ってくれます。

フロアライトはデザイン性の高い商品が数多くあるのが特徴です。オブジェのようなアイテムとして空間に取り入れれば、おしゃれ度は格段にUPします。

〈活用シーン〉

  • ソファーの後ろに置いて読書用の照明として
  • ダイニングテーブルに明るさをプラスしたいときに
  • キッチンの片隅に置いて、料理本などを照らすライトとして

テーブルライト・デスクライト

テーブルライト

テーブルライト・デスクライトは背の低いロータイプの照明です。テーブル上で部分的に光を当てたいときに使われます。

テーブルライトは、サイドテーブルなどと一緒に、ベッド脇のナイトランプやリビングルームのソファー脇で、利用することが多いアイテムです。

デザイン性の高いおしゃれなシェード(灯具の傘)の外観は、空間をおしゃれに演出します。

デスクライトも、同じ机に設置するアイテムですが、読書や勉強するさいに使われることが多いため、装飾性よりも機能性と利便性を重視するときに選ばれることが多いようです。

デスクライトの中には、置き型タイプだけでなく、棚やテーブルに挟み込んで設置するクリップ式やクランプ式の照明もあります。クリップ式なら設置後も、簡単に移動できてしかも場所を取らないので、シーンにあわせて柔軟に使うことができます。

〈活用シーン〉

  • テーブルライトは、リビングルームやベッドルームの脇にムードを演出するライトとして
  • デスクライトは、書斎や子供部屋の勉強机に

ブラケットライト

ブラケットライト

ブラケットライトは壁に設置するタイプの壁付けライトです。補助照明としての役割を持つため、玄関、廊下、階段などによく設置されます。また、店舗内の照明としてもよく用いられます。

ブラケットライトはコンセントがある部屋なら、比較的簡単に設置することができますが、新たな電気工事が必要になるケースもあります。できれば新築時やリフォーム時に計画するのがおすすめです。

〈活用シーン〉

  • ベッド脇に設置してホテルライクな照明として
  • 廊下・階段などの通路の灯りとして

スポットライト

スポットライト

スポットライトは部分的に光を当てて強調したいときに使われます。天井、壁、床に光を向けておしゃれな間接照明として利用されるアイテムです。

ダクトレールを設置して使用するケースが一般的ですが、照明に取り付け口があるタイプなら、ダクトレール無しで使用できるスポットライトもあります。

〈活用シーン〉

  • アートや花など、スポットで灯りが必要なときに
  • 手元や壁など、直接光が必要なときに
  • 天井や壁から反射する光で、お部屋のムードを演出したいときに

シーリングライト

シーリングライト

シーリングライトは天井に取りつけるタイプのライトです。

天井から光を照らすため、空間に圧迫感を与えにくく、部屋全体に光を拡散させることができます。

部屋全体を一つの照明だけで照らしたいときには最適です。複数のライトが付いたシーリングライトなら、それぞれのライトの角度を変えて光の演出をすることが可能です。

スタンドライトなどと一緒に使って、目の負担を軽減するのもおすすめです。

シーリングライトには、エレガントなシャンデリア風のものや木製のシェード、そしてクールなアルミなどの金属製のものなどがあり、空間をおしゃれにするインテリアアイテムとして、デザイン性も十分に楽しめます。

〈活用シーン〉

  • リビングルームやダイニングルームなど比較的広さがあるシーンで全体的に明るさが必要なときに
  • 場所を選ばず、省スペースでお部屋全体を明るくしたいときに
  • 大人っぽい雰囲気で演出したいときに

間接照明を使ったおしゃれな部屋の作り方

間接照明の種類について説明してきましたが、ここでは、各部屋で使用する照明タイプやおすすめのコーディネートを紹介していきます。

リビング

リビング

 

リビングルームには、ソファー脇にサイドテーブルを置き、装飾性のあるテーブルランプ を設置してみましょう。

その際に、シェードの高さが、目線の位置にあると心地よい光の加減になります。

ソファー脇にスタンドライトを設置するのもいいでしょう。広さがあるリビングルームでは、光を全体的に届けられるシーリングライトを利用するのもおすすめです。

ゴージャスなシャンデリアも同じくリビングルームのデコレーションによく使われるアイテムです。

玄関

お客様をお迎えする顔となる玄関。

ダウンライトの間接照明のほかに、ブラケットの壁付け照明を設置してみましょう。

センサーによって感知するライトの機能があるものは、玄関におすすめです。

玄関は靴を着脱する場所なので足元を照らす位置に光源があると便利です。

また下駄箱などの上にスペースがある場合には、小ぶりなテーブルライトを設置するとおしゃれなアクセントポイントができて空間が引き締まります。

寝室

休息をとる寝室には、ナイトランプとして、ベッド脇にムードのあるテーブルランプを設置してみましょう。

ヘッドボードや棚がある場合には、インテリアの雰囲気を崩しづらい、クリップ式のライトを取りつけるのもおすすめです。

ベッド脇に、ブラケットライトを設置して、光の演出をするのもおすすめです。

広さがあれば、両脇に二つとりつけて、ホテルのような高級感のあるアレンジも可能です。

ダイニング

ダイニング

ダイニングルームには、シーリングライトとペンダントライトでデコレーションしてみましょう。

天井に設置するシーリングライトは、お部屋全体に光を届け、広く見せる効果があります。

リモコン付きのものや、調光機能があるものを選べば、その時の気分に合ったお部屋の演出が可能になります。

天井からチェーンで照らすペンダントライトは、部屋全体と言うよりも、照らしたい部分にはっきりとした明暗を作り出します。

ペンダントライトは人間の目にすぐに飛び込んでくるため、照明としての機能性はもちろんのこと、デザイン性を重視したアイテムを選びたいものです。

まとめ

間接照明は、使い方次第で空間を魅力的にすることができます。

テーブルランプ とフロアライト、そしてシーリングライトとブラケットライトなど、種類の違う間接照明を上手に組み合わせることで、光のコーディネートが可能になります。

光が当てられた部分は、人間の視界に入りやすい場所になりますので、例えば「お花」「絵画」「写真」などを飾ってみるのも、部屋をおしゃれにするポイントです。

間接照明を空間に取り入れて、居心地のいいお部屋にしませんか。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

Twitter で

お役立ち情報カテゴリの最新記事

トップへスクロールする