外飼い?家飼い? 猫のさまざまな飼い方のメリットとデメリット

外飼い?家飼い? 猫のさまざまな飼い方のメリットとデメリット
はじめに

「猫を飼うとき、室内飼いにするかそれとも外飼いにするか」は、非常に大きな問題です。

ここでは、室内飼いにするときのメリットとデメリットと、外飼いにするときのメリットとデメリットについて紹介していきます。

外飼いのメリットとデメリット

猫のさまざまな飼い方のメリットとデメリット

猫を外飼いするもっとも大きなメリットは、「猫が、その一生をのびのびと過ごすことができる」という点にあります。

これは「猫を飼う人間の視点」から言えることですが、「一生を狭い室内で過ごすことになるのか?」という自問自答を、飼い主はどこかで抱えることになります。特に、猫を人間と同じように考える人の場合は、この傾向が強いのではないでしょうか。実際、「外に行けないなんてかわいそう」という声はよく聞かれます。

また、外飼いにすると、猫はよく運動をします。爪とぎなどを外で済ませる猫も多く、また地域猫との交流もできます。猫を単頭飼いしている家庭の場合、「人間以外の猫と触れ合う機会が増える」ということで、評価する声もあります。

猫のさまざまな飼い方のメリットとデメリット

ただ、外飼いにはデメリットもたくさんあります。

もっとも大きなデメリットは、「危険に遭遇する確率が格段に上がる」という点でしょう。

室内であってもコード類などの危険なものはありますが、外はそれとは比較になりません。車も走っていますし、猫が嫌いな人に遭遇して虐待を受ける可能性も0ではありません。また、病気などをもらってきたり、拾い食いをして体調を崩してしまったりする猫も決して少なくはありません。

猫の平均寿命は、猫の飼い方によって大きく異なるといわれています。外飼いの場合は室内外に比べて平均寿命が2年ほど短いというデータもあるほどです。

猫には帰巣本能があるといわれていますが、ほかの猫に追いかけられた・人間に追われたなどで走り回り、家の場所がわからなくなってしまう猫もいます。迷子札やマイクロチップがつけられていれば家に帰ってくることのできる確率は高くなりますが、それもあくまで「確率を高めるだけ」であり、確実なものではありません。

「一度家を出て行ってしまって、それからもう戻ってこない」などのように、悲しい別れを経験することもあり得ます。

さらに、ほかの人の家などに入り込むこともあります。このときに人の庭を荒したり、また野良猫だと思われて他の人に拾われて飼い猫にされたりする可能性があることも考えておきましょう。

室内飼いのメリットとデメリット

猫のさまざまな飼い方のメリットとデメリット

では、室内飼いの場合はどうなのでしょうか。

ペット可のマンションや一軒家で室内飼いで飼っている限り、ご近所に迷惑をかけることがないというのは室内飼いのメリットです。猫は犬ほど声が大きくないため、鳴き声が周りの迷惑になるという可能性も低いといえます。糞尿関係で周囲に眉をしかめられることもないため、ご近所トラブルを引き起こす可能性も0なのです。

室内飼いのもっとも大きなメリットは、「安全に一生を過ごせる」ということでしょう。もちろんコード類などに代表される予想外の事故はあり得ますが、交通事故に遭うこともなく、病気を拾ってくる可能性もなく、迷子になることもありません。

「愛猫と長く一緒に暮らしたい」と考える人にとって、室内飼いは真っ先に選ぶべき選択肢だといえます。

猫のさまざまな飼い方のメリットとデメリット

室内飼いのデメリットとして挙げられるのは、「運動不足」でしょう。

特に、狭い家などの場合は猫が運動不足になり、これがストレスとなってのしかかってくることもあります。また、肥満になる可能性も高くなります。人間が遊びに付き合ってあげる必要が出てきますし、場合によってはキャットタワーなどを設置しなければなりません。賃貸物件や新築物件の場合は、「壁に穴を開けないで付けられるキャットタワーか」なども確認して購入する必要があります。

完全室内飼いの猫は、爪とぎなども当然家の中で行うことになります。このため、家が荒らされやすくなる傾向もあります。なかにはカーテンを登ってしまう子もいるため、インテリアにこだわりがある人は特に注意が必要です。

また、もともと外飼いであった猫や、元野良猫の猫などの場合、完全室内飼いにするとストレスになることもあります。ずっと窓から外を見ていたり、ちょっと窓や扉を開けると外に走り出ていってしまったりする猫もいます。縄張り意識を持っていた外飼いの猫・野良猫などは、外への欲求はやはり残るのです。

ただこのときにいったん外に出してしまうと、さらに外への欲求が強くなります。このため、一度室内飼いにすると決めたのならば、それを徹底することが重要です。ストレスが溜まっているようならば、意識して人間がかまってあげるべきだといえるでしょう。

猫のさまざまな飼い方のメリットとデメリット

猫を外飼いにするべきか、それとも室内飼いにするべきかというのは、多くの人が頭を悩ませることであり、また結論の出ない議題でもあります。それぞれにメリットとデメリットがあるため、一概に「どちらが良い」ともいいきれません。

ただ、「自分たちは猫とどのように付き合っていくか」を真剣に考えて答えを出すことは、飼う人間にとっても飼われる猫にとっても良い結果を生み出すことでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

Twitter で

ペットカテゴリの最新記事

トップへスクロールする