アクセントクロス?Re壁(リカベ)するときの効果的な張り替え術!

アクセントクロス?Re壁(リカベ)するときの効果的な張り替え術!

部屋を手軽にリフォームをしたいけどどうしたらいいのか……
壁紙がなんだかしっくりこない……

そんなお悩みをお持ちの方、「アクセントクロス」を試してみませんか?部屋の一面に張るだけで雰囲気をガラっと変えることが出来ます!

今回は、そんな「アクセントクロス」とは何か?またその選び方や、どのようにすればセンスが引き立つのか?などをご紹介していきます。

ちょっとしたコツで、まるでデザインルームのような空間にする事も出来ます。Re壁(張り替え)テクニックの一つとして、ぜひご検討してみてはいかがでしょうか!

アクセントクロスとは?

アクセントクロストップ画像

アクセントクロスとは、壁の一部分だけ色味や柄、素材の違った壁紙に変える事で部屋の印象を大きく変える手法のことです。少し前まではデザイン住宅で使用されることが多かったですが、近年は賃貸住宅などでも取り入れられています。

リフォームでアクセントクロスを取り入れた方からは「インテリア性が高まる!」という声をよく耳にします。周りと差をつけたいという方にぴったりのRe壁(張り替え)テクニックなのです!

またアクセントクロスはリビングやダイニングなどのメインルームや、キッチン、トイレなどにも幅広く活用でき、子ども部屋や寝室などのリラックスを目的とした部屋にもマッチします。

さらに素材や柄を追加する事でよりセンスの光る空間にすることも可能です。リラックス効果だけではなくアートな雰囲気を演出することも出来るので、カフェやバーなど雰囲気を大切にする場所でも多く使用されています!

どうやって選ぶのがベスト?

1面のみアクセントクロスを施工した画像

ずばり、「部屋の雰囲気に合わせて選ぶ」べきです。

壁紙だけを見るのではなく、部屋に設置されている家具やインテリアを全体的に見て、今の部屋がどのような雰囲気で、どんな方向性にしたいかを判断しましょう。アクセントクロスの分量は、部屋全体の壁量の20~30%程度、つまり4面のうち1面程度にするとバランスがよくなります。

サンプル請求を活用しよう!

カントリー風の壁紙施工画像

欧風、和風といった漠然としたものだけではなく、カントリー調なら暖かみのある色味や素材を選択できますし、モダンな雰囲気であれば反対色を使ってメリハリを利かせる事が出来ます。

アクセントクロスにくすんだ色を選択すると、部屋全体がぼやけたイメージになってしまったり、その壁だけ汚れて見えてしまうというケースもありますので、基本的に思い切った色や素材を選ぶ事がポイントです。

そのため、施工業者から受け取れるサンプルブックやインターネットのサンプル一覧などを見ながら、どの色や素材がその部屋のアクセントクロスとして向いているかじっくり検討しましょう。

かっこいい・かわいいアクセントクロスの張り方

シックな壁紙の施工画像

かっこいいアクセントクロスにしたい場合の定番は黒系です。
黒系や濃いグレー系は、重厚感や大人らしいモダンな雰囲気の部屋に印象を変えてくれます。

 

かわいい花柄の施工画像

かわいいアクセントクロスにしたい際は、おしゃれなイラストが描かれたものなどが人気です。
花柄ではなく、花そのものが大きく描かれたものや、空の写真をプリントしたものにすると、個性的な部屋を演出する事ができます。

まとめ

部屋全体の雰囲気を一気に変える事ができるアクセントクロス。老若男女から支持を得ている手法で、一気に部屋の雰囲気を変えてくれるので今後も更に人気が出るのではないでしょうか。

部屋のイメージにあったアクセントクロスを知りたい方は、専門業者へ問い合わせてみるのも一つの手です。最近ではRe壁 | リカベ(https://rekabe.jp/)という壁紙の専門ポータルサイトが登場しています!

こちらのサイトでは非常に多くの壁紙を検索したり、全国の壁紙業者を自分の住んでいる地域から検索できたり便利な機能が盛りだくさんなので、ぜひ活用してみてください!

それではまた!

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

Twitter で

DIYカテゴリの最新記事

トップへスクロールする