壁紙を傷つけない簡単DIYで壁面装飾を楽しもう!

壁紙を傷つけない簡単DIYで壁面装飾を楽しもう!
はじめに
お部屋の雰囲気を変えたい!などDIYで簡単なフォームをしたい時には壁面を使うことが多いですよね。空いているスペースにアートを飾る、棚を取り付けるなどなど・・・
でもここで気がかりなのは、壁のキズです。今後のことも考えて、なるべく傷はつけたくないと思う方が多いのではないでしょうか?そこで今回は壁のキズを配慮して部屋をイメージチェンジする方法をまとめておきたいと思います!

壁穴を最小限に抑えて、お部屋の壁を変身させる方法

まずご紹介するのは、目立たない小さい壁穴で部屋の模様替えを行う方法です。いくつか方法があるので、順にご紹介いたします。

 

ホチキスを使う

ホチキスの穴であれば、釘や画鋲などといった穴に比べて最小限のキズですみます。ポスターを張る際もホチキスを使ってみてはいかがでしょうか?最近ではホチキスを使って壁に取り付けるフックや棚もあります。賃貸マンションの方であれば、退去する際にも安心ですね。

ホッチキスの使用

細いピンを使う

ピンでも、細く穴が目立たないピンが販売されています。絵を飾る時もなるべく細いピンを選べば壁のキズは目立ちにくいです。ピンを使ったフックでも、ピンが細く傷が目立たない商品がでています。軽く押すだけで設置でき、刺した後も目立たないので、こちらも賃貸マンションにおススメです。ホームセンターなどで探してみましょう!

ピンを使った壁面装飾

ピクチャーレールを設置する

穴の目立たない細いピンで設置するピクチャーレールもあります。ピクチャーレールを一度設置すれば、飾る絵や写真を変える度にピンやホチキスを壁に刺す必要がなくなります。内装替えの選択肢の幅が広がるので、考えてみてもいいかもしれません。

ピクチャーレール

壁穴を全く空けずに内装をイメチェンする方法

続いては壁穴を全く開けない方法のご紹介です。工夫やアイデア次第で、意外と色々な方法があります。あなた好みの試してみたい方法を見つけましょう!

 

吸着タイプのフックを使う

フックには着けたり剥がしたり出来る、吸着タイプのフックもあります。壁に傷がつかずにフックを取り付けられるのは嬉しいですよね。しかし、ピンで固定するタイプに比べ、耐荷重が軽いので、注意が必要です。

重いもの、落下した際に壊れやすい物は吸着フックを利用しない方がいいでしょう。ですが、そんな重いものや、凹凸のある壁紙、天井にも使える”ゲル式”の吸盤で作られた強力なフックもあります!どんな壁でも安心してつけることができますね。

おしゃれなフック

つっぱり棒を使う

つっぱり棒は、部屋のスペースと構造をうまく利用した方法です。つっぱり棒にはフックがたくさんついた収納に便利なものから、テレビボードや自転車ラックなどもあります。用途に合わせて色々と探してみましょう。

突っ張り棒

両面テープを使う

見逃しがちで便利な方法です。ポスターなど軽いものを貼る程度であれば、両面テープでバッチリでしょう。簡単に模様替えができますし、耐久力の高い商品もあるので、剥がれ落ちてくることもほとんどありません。最近ではインテリア専用のマスキングテープも販売されています。

ものによっては壁を傷つけてしまう可能性もありますので、専用のものを使うのが一番安心です。ただし、壁紙の種類によっては、マスキングテープがきれいにはがれなかったり、下地の壁紙をいためてしまう場合がありますので、 一度目立たない場所で、マスキングテープがきれいにはがれるか確認してから施工することをおすすめします。

両面テープを使った壁面装飾

マスキングテープを使う

幅の広いタイプのマスキングテープを壁に貼り付ければ、気軽に部屋の模様替えができますよ!壁に傷もつかないので、手軽に試せます!

マスキングテープ

床置きもおしゃれ

フックは使わずに、壁に飾りたいものを壁際の床に置いたり、壁に立てかけたりしてみましょう。海外のインテリア写真などでもよく見かける方法で、手軽な上に無造作でこなれた感じが出ますので、“おしゃれ”に見せるのに効果的です。

額を床に置いた画像

部屋の装飾に合わせて壁紙も変えてみよう!

部屋の模様替えを考えていると、壁紙にも興味が湧きますよね。多様な色や柄の壁紙をみると、新しい部屋の雰囲気や印象に妄想も膨らんでいくはずです。そんな時は思い切って壁紙をRe壁(張り替え)してみるというのはどうでしょうか!

壁紙は多彩な色や柄だけでなく、掃除しやすかったり、湿度の調整をしてくれたりと、多様な機能も取りそろえられています。日々の生活がより便利になるきっかけにもなりますよ。部屋全体のイメージが決まったならば、Re壁も検討してみましょう。

まとめ:工夫一つで部屋の内装は変えられる!

壁穴を考慮した部屋の模様替えの方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。壁にキズがつかない方法であれば、気軽に試せて部屋の模様替えも楽しくなりますよね。是非色々な方法を組み合わせて、自分だけの部屋を作り上げてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

Twitter で

壁紙カテゴリの最新記事

トップへスクロールする