ちょっとした工夫だけ!簡単にわかるクローゼット収納のコツ

ちょっとした工夫だけ!簡単にわかるクローゼット収納のコツ
はじめに

クローゼットは数ある収納の中でも毎日使うため、整頓されたキレイな状態を保つのは大変!

今回はそんな毎日のクローゼット収納における2つのコツ、「機能面でのクローゼット収納のコツ」と「オシャレ度を高めるクローゼット収納のコツ」をご紹介します。

少しの工夫でクローゼットを有効活用し、暮らしの質を上げてみませんか?

機能を高めるクローゼット収納のコツ

収納のコツ

まずは、毎日の収納を効率的に行うために覚えておきたいコツです。

みなさんも既にクローゼット収納において、服のしまい方にルールを作っているかもしれませんが、数十種類に及ぶ規則があったり、収納のたびにカテゴリの境目を確認していたりしたら続かなくて、気づけば全くルールと関係なく服がしまわれてしまうものですよね。

まずは、少なく明確なルールを設け、手軽に使い勝手を高めましょう。

①使わないものは思い切って断捨離

収納の大前提として、物の量を減らすことは非常に重要です。

減らすといっても手段は破棄だけではありません。

保存状態の良いものはフリーマーケットやネットのフリマアプリに出品し、新たにお気に入りの服を探す元手にする事も可能です。

使わない服を簡単に選別する方法として、おすすめしたいのは、一度着たものはクローゼットに戻すときに左右どちらかの端に詰めて置くようにすることです。

これだけで自然と使用頻度によって置く場所が偏り、使わない服が明らかになります。収納スペースが無くなる前に、処分できるものを見つけるひとつの方法です。

②よく着る服は取りやすい場所へ

季節ごとによく着る洋服は違うものです。

季節ごとに洋服を分類し、シーズン中のものはハンガーに掛けて分かりやすい場所へ掛けましょう。

特に頻繁に着るものは専用のコーナーを作ると普段の服選びにかかる手間を省くこともできます。

シーズンオフのものはたたんで別の収納へ移したり、場所がなければ端へまとめておいたりするのも効果的です。

そうすることで、使い勝手を向上させることができます。

③衣類をカテゴリ分け

衣類ごとにカテゴリ分けし、シール等によって明確にすると選ぶ時もしまう時も分かりやすくなります。

ハンガーの取っ手部分に服の色や素材ごとに色を変えたラベルシールを貼ると、それだけで判別がしやすくなります。

貼るときに半分に折ることを考慮し、長いシールを選ぶよう留意しておきましょう。

クローゼットの広さに余裕があるなら、分類が変わるところで衣装カバー等を掛けておくと一層分かり易くなります。

オシャレ度を高めるクローゼット収納のコツ

収納のコツ2

クローゼットの中が雑然としていると、出かけるときの洋服選びも気が進まないものです。

でも、少しの工夫でクローゼットをすっきりとしたおしゃれ空間に変えることができるとしたら?きっと洋服選びや部屋の雰囲気もより楽しくなるはずです。

①色合いとサイズ感で分類する

服の色や種類は揃えて並べたほうが見た目がよく、選ぶのも楽しくなります。

これはトップスに限らず、 洋服店のようにボトムスやベルト、ネクタイなどもアイテム毎に分類するようにします。

こうすることでどんな洋服が入っていようと、おしゃれな雰囲気を醸し出すことができます。

②ハンガーの種類を工夫する

収納の統一感や清潔感を演出するという面において、ハンガー選びも重要なポイントです。

ハンガーの色や見た目を統一するとグッと見栄えが良くなります。

注意点は、掛ける衣類によって適切なハンガーのサイズやタイプは異なるという事。

上着なら自分の肩幅から3cmほど引いた長さの物が適切と言われています。

クローゼットの高さに余裕があるならボトムスは実際の着用時に近づけられるクリップ式のハンガーがおすすめです。

高さに余裕がない場合は、滑りにくい素材で作られたボトム用ハンガーが適切です。

まとめ

収納のコツ3

いかがでしたか?きれいな収納は少しの工夫で作れるものです。

収納と聞くと敷居の高さを感じる人も多いかもしれませんが、DIYや多数のクリアボックスなどを持ち出さなくても十分に整った空間づくりは可能なのです。

クローゼットがおしゃれに整っているとその部屋全体の雰囲気がキリッとして、自分が思っている以上に日々の暮らしに活気が出ますね。

クローゼットをうまく活用することで朝の服選びから気分を整えられるような、気持ちの良い暮らしを目指してみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

Twitter で

お役立ち情報カテゴリの最新記事

トップへスクロールする