違いを作る
ブログ

マイクロソフト「Office」一強の時代。

notePC

一太郎は、禁止されるべきワープロソフトなのか

政府内で相次ぐ法案の表記ミスなどを受け、
農林水産省がワープロソフト「一太郎」の使用を事実上禁止する通知を出した。
こんなニュースがネットに流れた。
「一太郎」は、どんな理由で事実上禁止されるに至ったのだろうか?

ワープロソフトの「一太郎」、図形ソフトの「花子」、表計算ソフトの「123」。
懐かしく感じる方もいらっしゃるだろう。
純国産ソフトの「一太郎」は、日本語入力FEPの「ATOK」の優秀さもあり、ファンが多かった。

今回の「一太郎」禁止の流れは表記ミスの多発ではなく、
外部との互換性のなさが原因とのこと。
それでは「一太郎」は本当に互換性が低いのか?
「一太郎」から「Word」や「PDF」形式への保存は可能。
ソフトに少し詳しい人ならPlayOnMacというフリーソフトをインストールすることで
Mac環境で一太郎ビューワを動かすことも可能だ。
コピペ限定なら他環境への移行もできる。
「言い回し」のプロである弁護士や、裁判官の間で
評価された変換機能も魅力的だった。

ビジネスソフトのデファクトスタンダード「Office」

しかし世の中ではWindowsの普及とともに「Word」が台頭
ビジネスの世界では「Word」と「Excel」がデファクトスタンダードになった。

「ATOK」を装備して一世を風靡した「一太郎」は
なぜ「Word」の後塵を拝することになったのか。

「Word」の開発元のマイクロソフトは、
指定機関のの大学生、専門学校生に「Office」を
学生の間は無料で使用できるサービスを提供している。
研究発表などに使用される「Power Point」なども含めて
「Word」と「Excel」などの「Office」は、
教育界ですでにデファクトスタンダードになっていたのである。

それに加えて、現代では外部リソースとの連携は当たり前で
互換性が優れている製品は評価される。

コロナ禍によるリモートワークでの環境の統一の流れもあり
「Office」一強の時代はしばらく続くだろう。

 

 

関連記事一覧

関連記事はありません。

検索

Twitter でフォロー

トップへスクロールする