違いを作る
ブログ

格安のデジタルブック作成サービスを頼んでみたことはありますか?

デジタルブックとは、主にインターネット上で流通する電磁的に記録された国内外に向けた読み物の総称です。

データはWebサイトのコンテンツ同様、インターネットブラウザのみで閲覧することができます。

電子書籍、電子ブック、デジタル書籍、Eブック、オンライン書籍とも呼ばれています。

「デジタルブック」の優位性ってなに?

カタログや見本帳、写真集などの紙媒体のレイアウトデータを使ってWEB上で閲覧できるデジタルブックやPDF。

みなさんには、その違いが分かりますか?

PDFと違ってダウンロードや専用ソフトが必要なく、ブラウザだけで閲覧することのできるデジタルブックは同じ条件で使用していただくと、表示するまでのスピードの違いに驚かれるはずです。

画像やテキストに対して静止画や動画、音声など多彩なリンクを設定できるところも魅力のひとつです。

デジタルデータならではの一覧性や検索性に優れているデジタルブックは、PC、スマホ、タブレットなどマルチデバイスに対応しています。

その上、紙媒体と違い必要印刷ロット数の予測や在庫、発送などのリスクや手間がかかりません。

「デジタルブック」は格安で作れる?

良いことずくめのデジタルブックですが、PDFと違い自分で作るには少しハードルが高いかもしれません。

しかしページごとの閲覧数や離脱率、ユーザーが使用しているデバイスなどを解析できるメリットは大きいです。

カタログや写真集などの制作データがお手元にあれば、格安でデジタルブック作成を依頼できます。

何年か前の印刷データでもカラーでもモノクロでも大丈夫です。クラシノイエでは、デジタルブックの作成を行っています。

ますは気軽にご相談ください。

関連記事一覧

検索

Twitter でフォロー

トップへスクロールする