違いを作る
ブログ

初心者のウェブライティングはとにかく書く事!だけではありません。

ウェブライティング

ウェブコンテンツに重要な「ブログコンテンツ」を制作する場合に、自分で書く事もあれば、ライターへ依頼するケースもあるかと思います。

ライターの中には専門分野から幅広いテーマに対応している人たちも多く、適材適所に依頼を行い記事を書いてもらうのですが、記事の内容は良くてもウェブに落とし込んだ時に構成上バランスが悪い時もあります。

そういった場合は自分で修正をする機会が多く、ディライト部分を行っていると「ウェブライティング」と「ライティング」の違いも見えてきます。

もしこれからウェブライティングを始めようと思っている方には、この違いを理解しておく事と自分で編集ができる技術があれば、ウェブライティングに強く、魅力的なコンテンツを作っていける「かも」しれません。

ライティングとウェブライティングの違い

ライティングするという意味では「書く」事に違いはないのですが、大きな違いとして「扱う媒体が違う」という事です。

テーマや媒体に合わせた内容に則した記事を書く必要がありますが、ウェブライティングは構成・内容に大きな違いが出てきます。

ここでは「ライティング=紙面」「ウェブライティング=ウェブコンテンツ」として例を挙げてみます。

紙面とウェブ媒体の違い

紙面のライティングを専門としている人が「ウェブライティング」を出来るかと問われた場合、答えはNoです。

何故なら紙面でのライティングは「納期」「校正」「文字数」など、ウェブコンテンツと性質が大きく違います。

印刷関係に手配する為にスケジュール内での記事作成、文字のミスは発行物そのもの誤字となり、最悪は再印刷する場合もありますし、ページ内で収めるために適切にまとめる必要があります。

ウェブライティングにも当然スケジュールはありますが、記事をアップ後にも修正は可能ですし、ページによる文字数の制限も少ないケースが多く感じます。

紙面とウェブの媒体による性質の違いはあっても「書く」事には変わりはありません。

ですが、ライティング方法もまったく違ってくると思います。

構成の違い

紙面・ウェブの大きな違いとして媒体の違いの他にも、記事の構成の違いがあります。

例えば紙面では「導入~本文~まとめ」の様な作りとします。

ウェブの場合も基本は同じですが、投稿する記事にはSEOを意識した構成が必要です。

ウェブライティング例:タイトル(h1)~段落~タイトル(h2)~段落~タイトル(h3)~段落~

※構成の組み立ては以降繰り返し

もちろん紙面であっても、各章ごとに文章を構成する場合が多いと思いますが、パッとみても構造の違いがわかります。

よくあるケースとして「ライターにもウェブで記事を書いてもらおう」と言う話を聞きますが、安易に依頼してもウェブの構造を理解して書かなければ、せっかくの記事も読まれずに終わってしまうパターンが多いです。

初心者はまず「書く」事から始める

もし、これから自分でウェブライティングを始めようと思っているのであれば、まずは「記事を書く」所から始めてください。

色んなサイトでも紹介されている「ブログによる集客の為には、記事をとにかく書き続ける事が重要」とあります。

ですが、書き続けるだけでは「読まれる事のない記事」が溜まっていくだけになってしまいます。

やり直しが利くウェブだからこそ、何度でも書こう

ウェブライティングの基本として、先に述べた「構成」は集客を意識したライティングを行う為に、理解しておいて損はないと思います。

最初の内は形だけでも、構成や段落を意識する程度で。

その上で毎日記事を書いてください!と、いっても簡単に記事が書ければ苦労はしません。

ですので、毎日ではなく「定期的な記事投稿」をから始めてみては如何でしょうか?

誤字脱字なども最初の内は出てくると思いますので、投稿した記事を見直して更新と合わせて修正して行っても問題ありません。

書き続ける事で、ライティングで必要な事・足りない部分が見えてきます。

仕組みを理解して「役に立つ」記事を目指す

定期的な更新が出来れば、次に気にするべきは「アクセス数」です。

自身がライティングし、投稿した記事がどれだけの人に読まれているのか、当然気になりますよね。

事前にサイトへ「アナリティクス」と紐づけて置けば、アクセスの詳細を確認できます。

そこで記事に対してのアクセス数を見る事が出来ますが、まず最初は少ないと思います。

アクセス数を上げる方法はSNSでの拡散や、他サイトへリンクを貼ってもらうなど様々な方法がありますが、重要な部分を抑えて置かなければ、いずれアクセス数は減少していきます。

記事をライティングする上で重要な事は「誰かにとって役に立つ記事」である事だと思います。

良質な記事であればあるほど、グーグルの検索上位にも取り上げられやすい傾向があります。

ウェブライティングで必要な事は多くありますが、根本には「役に立つ記事」である事が大切だと思います。

いわゆる「まとめサイト」や「ニュース情報」などのサイトが人気なのは、そういった要因を含みやすく「知りたい」事が書かれていれば、自ずとアクセスも増えて行く事でしょう。

注意して欲しいのが「他のサイトの内容をそのまま転用」「嘘の情報発信」にならないように、ライティングをする必要があります。

ウェブライティングもまずは書くことが基本です!

紙媒体と違ってウェブコンテンツであれば、個人ブログなどで試験的に試す事も可能です。

大きなプロジェクトやウェブ集客をライティングしたブログなどで行う事は簡単ではありませんが、それらを個人でも行う環境が整っているのもウェブコンテンツの魅力です。

これからウェブライティングを始めようと考えているのであれば、自分でサイトを作り色々とを試してみると、意外な発見や閃きが生まれてくるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

Twitter で

関連記事一覧

検索

Twitter でフォロー

トップへスクロールする