違いを作る
ブログ

自分でライティングができる様になる為の最初の一歩は?

webwriting2

自社コンテンツとしてライティングを行う場合、多くの場合は「外注へ依頼する」or「自分で書く」のどちらかになると思います。

外注へ依頼しても中々思うようなライティングに出来上がらない場合、上手く伝えて修正を依頼するか、自分で修正するしかありません。

いずれにしてもウェブライティングについて、担当レベルでコンテンツを企画・作成するのであれば知識として知っておく必要があります。

ではどの様な事を知っておく必要があるのか?という部分ですが、おすすめしたいのは「まずは自分で書いてみる」事です。

「難しい!」「ネタが無い!」と思いますが、まずは自分でチャレンジする事で外注に依頼するポイントも掴めてきます。

あまり難しく考えずに「まずは自分で書いてみる」を主観において紹介していきます。

実際にウェブライティングを自分で行う場合

普段から小説・新聞を読んでいる人は、活字に触れている機会が多い為、文章校正も上手な人が多いです。

ふとした表現や例えなど「ニュアンス」の部分は、慣れていないと思ったように文中に表現は難しいです。

加えて、ウェブ特有の書き方も存在します。

記事のキーワードとなる語句を上手くタイトルなどに掛け合わせ、SEOを意識して書いていく。

なんとなくわかる様で実際にキーワードの効果が実感でき、記事そのものにアクセスが集中するかは、投稿して経緯を見ていく必要があります。

初めて書く人には「ウェブライティングって難しい…」と思われがちですが、まずは書いてみる事から始める以外に上達するコツはありません。

書き方については様々な手法がありますが、ココでは初めてのウェブライティングと題して、書き方のコツを紹介していきます。

文章校正は簡潔に、わかりやすく

記事を作成する上で当然ですが、読みやすさは大切です。

難しい語句・専門用語が並んだり、同じ単語が続いてしまうと読んでいる方も「何を読んでいるのかわからない」状態になりがちです。

簡潔でわかりやすい文章校正を心がけると、綺麗な文章が作れます。

また語尾が同じにならない様に意識して書く事も大切です。

書きなれていない人にありがちなのが、「〇〇だと思います。」「〇〇である。」

など最後の語句が連続しない様に心がけると、文章的にも単調にならず読みやすくなるでしょう。

ウェブ書き方の一つ、特有の答えを先に提示する

小説などの文章の書き方は「物語の伏線」を先に提示して、答えを最後に出すパターンが多いですが、ウェブコンテンツはタイトルや見出しに「答え」を提示してあげるとキーワード・SEO的にも効果的です。

新聞の一面記事のキャッチフレーズを参考にしてみてください。

手を止めて読みたくなるような見出し、強烈なキャッチコピーがあれば「どんな事が書かれているのだろう」と読みたくなります。

ウェブは検索からのコンテンツ流入の為、ユーザーは知りたい情報を常に探しています。

情報の答え・結論を最初に提示する事で、知りたい情報を簡潔に提供してるという形になります。

もちろん内容での詳細を明確にする必要はあります。

テンプレートに沿って文章を構成する

上記で紹介したのはウェブライティングを行う前段階として、知っておくと良い内容です。

ですので、書き終えた後の校正時に照らし合わせてみてください。

ココからは書き方について具体的な参考例を紹介します。

あくまでも参考例となりますので、自分なりのアレンジを加えて「書きやすい」文章構成を作ると、「自分のやり方」でスムーズに記事を作成していける事でしょう。

箇条書きから始める

例えば家具の紹介を記事にしようとした時に、何をどう紹介すればいいか迷うのであれば、言いたい事を箇条書きしましょう。

  • 新作でおしゃれ
  • カラーが豊富
  • 一人暮らし・女性におすすめ
  • 価格がリーズナブルで長く使える

箇条書きした項目をそのままキーワードにしてしまいましょう。

小説などでも各章ごとに項目があると思います。

1-1、1-2と言った具合に分けられます。

  • タイトル:新作の家具
  • 1-1:女性におすすめ 
  • 1-2:選びやすいカラー
  • 2-1:これまでにない新しいデザイン 
  • 2-2:お手軽な価格で買いやすい

と言った具合に先に章ごとのタイトルを付けてしまいましょう。

後はタイトルに沿った紹介文・アピールポイントを明確に説明する文章を書いていけば、記事としての基本の形が出来るあがります。

難しいのは紹介する部分だと思いますが、パズルのピースを埋めていく様な感覚と思ってください。

短すぎてもNGなので、それぞれに最低〇〇文字以上を書く事も必要です。

といっても長く書けばいいという訳ではありません。

そこで先に紹介した「簡潔かつわかりやすい」文書を意識して書いてみてください。

最初は難しいかもしれませんが、要は「慣れ」です。

出来上がった文章を自分で読んだときに、文章としての辻褄や伝えたい事がなんとなく表現できていればOKです。

まずは上記の様な形で書いてみてはどうでしょうか?

体験した事は文章にしやすい

コンテンツによっては、自分の知らない出来事や、不明確な事をライティングする必要もあります。

専門分野に関しては、特筆したライターへの依頼ができれば良質なコンテンツになりますが、自分でライティングする際にはどうしていいか分からない事もあると思います。

例えばですが、好きな事や趣味の話をする時は、あまり深く考えずとも、伝えたい・話したい内容が多くあるのではないでしょうか?

内容に対しての熱量があるからこそ、話がはずんだり、共感を得たいと思いませんか?

ブログコンテンツやライティングも同じように、誰かに伝えたい、知ってもらいたいという熱意があれば、難しいく考えずとも自分で作る事が可能です。

「経験した事は言葉にしやすい」という事は、逆に言えば「経験した人にしかわからない」事です。

それをどのように上手く、そして興味をもって読んでもらえるかがコンテンツの重要な部分だと思います。

少し話がそれてしまいましたが、自身でライティングを行う際に参考にしてして頂ければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

Twitter で

関連記事一覧

検索

Twitter でフォロー

トップへスクロールする