違いを作る
ブログ

ライティング代行はサービス会社とフリーランスのどちらが良い?

代行サービス

ライティングを代行する際に何を基準に依頼をしていますか?

色んなケースが考えられますが、代行サービスとフリーランスの両方をリソースとして抱えておくと、自社コンテンツでのライティング依頼の際に大きく役に立つケースがあります。

当然、それぞれにメリット・デメリットがありますが、ココでは参考例として一部体験を元に、ライティング代行について紹介していきます。

ライター代行サービス会社

ライター代行サービス会社はいわば「ライティングが出来るライターを探す窓口」的な役割を果たしており、所属しているライターへ手配してくれるパターンが多いです。

ですので急な案件にも対応が利きやすく、リソースとして確保しておいて損はありません。

反面で思ったような記事にならない事も多々あります。

代行サービス会社のメリットとデメリットの一部ですが紹介します。

ライター代行サービス会社のメリット

  • 先に述べたように、ライターの人数が多い事から短期で記事が上がる
  • 依頼内容によっては費用を抑える事も可能
  • ジャンルを問わずに多くの記事作成の対応できる

多くの案件を抱えれる様に、代行サービスはライターのリソースを多くもっており、必要な納期に応じてライターを手配してくれます。

記事作成の面においても、ジャンル別にライターを抱えている事から、様々な記事作成に対応しています。

費用間も文字数や作業内容によって変動しますので、原稿の作成だけであれば比較的安価で依頼も可能です。

またワードプレスの様な、CMSでの記事投稿にも対応しているライターが多いのも特徴です。

ライター代行サービス会社のデメリット

  • あくまでも代行サービスなので、再度依頼しても記事の質が違う場合がある
  • 専門的なジャンルの記事作成に弱い

多くのリソースを抱えている反面、再度依頼した際に同じクオリティで上がってこない場合もあります。

依頼先の担当者が記事を書いている事もあれば、ライターを経由している場合もあり、同じ人が書いているとは限りません。

また専門的な分野において、対応は可能であってもプロ目線で記事に出来るかと言われれば、完璧な記事は難しい場合が多いです。

あくまでもライティングに置いてはプロですが、専門的な内容の場合は依頼側からのテーマを提示した方が、完成度の高い記事を作る事が出来るかもしれません。

フリーランスのライター

代行サービス会社とは違い、個人でライティングを行っているフリーライターも多く存在します。

多くはウェブライティング・ライターを経験を経て独立した人たちが仕事を請け負ってくれます。

中には代行サービスに登録している人たちもいる様でが、代行サービスとの違いはどこでしょうか?

フリーランスのメリット

  • 本人が記事を作成しているので、一定のクオリティが保証される
  • 明確にライターの得意分野を提示している
  • 案件に沿えばリソースとして確保できる

フリーランスなの場合、自己紹介で得意分野の記事やどこまで対応が可能かはっきりしており、案件に当てはまれば期待以上の記事を作成してくれる場合もあります。

人気ライターの場合はウェブライティングで必要なSEOなども意識し記事を作成してくれるケースも多く、ヒット作はアクセスに繋がる記事となります。

代行会社もリソースは多いですが、中~長期で考えた場合、一定のクオリティが確保できるフリーランスは適材適所で抱えておくと良いかもしれません。

フリーランスのデメリット

  • アマチュアからプロのライターまで多く存在している
  • 人気のライターは多くの案件を抱えており、記事作成に時間が掛かるケースもある
  • 得意分野が明確なので、専門外の記事作成は対応できない場合がある

フリーライターの数は多すぎる程存在しており、募集しているサイトでも副業・専業でライター活動を行っている人たちが表示されるので、希望の内容に当てはまるライターを探すとなると難しいケースも。

人気のライターともなると、費用単価も高くなり時期によってはリソースが確保できない場合もあります。

また、自身の専門分野を明確にしているので、異なるジャンルなどの作成は対応できなかったりします。

自社コンテンツにてランディングページやブログを外部に依頼する際は、それぞれの特徴を前もって知っておくとスムーズに案件が進むかもしれません。

クオリティとリソースのバランス

どちらにも得意不得意がある事と、記事作成後の経過について基本ライターは関与しない場合があります。

※ディライトなどは対応してくれるケースが多いです。

依頼したライターの記事が自社のコンテンツに則しているかは、アクセスなどの経過を見ながら判断する必要があります。

費用間やリソース・制作過程・完成した記事など様々な要因があると思いますが、双方のメリット・デメリットを把握したうえで、適材適所に依頼できる環境は整えて置いて損はないと思います。

もしこれからライティング代行を検討しているのなら、クオリティとリソースを考えた上で、様々なライターに依頼をしてみる事をおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

Twitter で

関連記事一覧

検索

Twitter でフォロー

トップへスクロールする