違いを作る
ブログ

SEOライティングとランディングページ(LP)によるサイト構成の強み①

「SEOライティング」の本質とは?

どのようなコンテンツ・ページであっても求められる内容は、ユーザーの利便性を考えたページ構成・SEOを行う事です。

一言に利便性と表現すると、簡単に聞こえるかもしれませんが、コンテンツに重きを置いているサイトにとっては非常に難しいです。

動画・ブログ、ライティングが良質なページに共通しているのは「ユーザーのプラスになっているか」に尽きると思います。

このページのコンテンツは誰に向けて・何を提供しているのか。

閲覧してくれるユーザーのペルソナを限定し、100人中1人が「またこのサイトにアクセスしたくなる」コンテンツ。

これこそがSEOライティングや良質なコンテンツ作りの目指す本質です。

しかし簡単に出来るものではありません。

頭では分かっていても、出来上がったコンテンツが中々ヒットしない事もよくあります。

個人サイトや特定されたジャンルであれば、特記した内容がバズる事がSEOライティングが成功したとも言えるでしょう。

もちろん、通常のSEO対策を講じる必要もあります。

Googleを意識した内容でなければ、検索の上位に表示されず、せっかくのコンテンツも陽の目を見ないケースもあります。

要点として抑えるべきポイントは、

  • 100人中1人が本当に求めるコンテンツ
  • Google検索を意識したキーワードを組み込む
  • 内部SEO対策を行えているか(ディスクリプションやタグの適切な配置)

これらがうまく重なれば、良質なページへの近道になりえる可能性があります。

ランディングページ(LP)の有効活用

投稿型コンテンツ(動画・ブログ)ではテーマに関連したページを作りやすく、多くのユーザーを獲得するコンテンツになります。

ランディングページ(LP)は他ページのリンクが少なく、簡単に言ってしまえば独立したページ(コンテンツ)となります。

特徴の一つとして、デザインに制限が無く自由度の高いページを構成する事ができます。

投稿型コンテンツでは、フォーマットに則した構成を求められます。

例とするなら、SNSの投稿や動画サイトの構成の様に、決まったフォーマット中に独自のコンテンツを落とし込む仕様が、投稿型コンテンツに多くみられます。

※もちろんスクリプトやコードによる自由度はあります。

投稿型ではフォーマットが存在するので、コンテンツの量産が比較的簡単な事と、SEOやキーワードの組み方も慣れてくれば、ある程度決まった箇所に集中するのではないでしょうか?

メリットは量産が可能ですが、デメリットとして挙げられるのが「似たようなページ」が多く生まれてしまうこと。

これは自分のサイトだけでなく、他のサイトとも見比べられてしまう結果、見栄えに変化がなくなってしまいます。

その為、内容による良質性をあげ、サイトへの流入を向上させる必要があるのですが、ランディングページはある意味で特殊なページです。

  • 1ページで完結する
  • 他ページとのリンクを行わない
  • デザインの自由度が高い

よく用いられる方法として、問い合わせページ・オリジナル商品ページ・キャンペーン企画など、1ページの情報で完結するコンテンツ・デザインによるインパクトが欲しい場合に用いられます。

これはランディングページの構成が、ユーザーがアクションを起こしやすいコンバージョンに特化した構成になっている事が要因にあります。

コンテンツページは投稿した数だけ、多くのページや情報が存在しますが、ユーザーは必要な情報を探す事になります。

結果として「閲覧はしてくれたが、問い合わせなどのアクションは起きなかった」というケースが発生してしまいます。

ランディングページは問い合わせなどの結果を追求したページの為、サイトトップや他ページのリンク無くし、1ページで情報が集約され、問い合わせのアクション(コンバージョン)を起こしやすいページとなっています。

コンバージョンを上げる為に、既存のフォーマットデザインでは無く、オリジナルのデザインでユーザーを強く引き付ける。

アクションが起きやすい構成が必要になりますが、問い合わせや企画ページ・オリジナルページ作る上では他へのリンクが無い分、ユーザーは必要な情報を得やすくアクションを起こしやすいページとなります。

デザインの自由度から様々な形のランディングページが存在しますが、

「SEOライティングとランディングページ(LP)によるサイト構成の強み②」

では一つのサイトを例に、ランディングページの有効性を紹介したいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします!

Twitter で

関連記事一覧

検索

Twitter でフォロー

トップへスクロールする